カートをみる ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

送料一律¥800(沖縄・離島除く) ¥20,000(税込)以上お買い上げの方は代引き手数料無料
☆楽天ID決済でのお支払が可能になり楽天ポイントをお使い頂けるようになりましたのでぜひご利用ください。(19,800円以上のご注文に限ります)

SHELLS/防水透湿素材

アウトドアのシェルジャケットなどに使われている防水・透湿素材の機能などを解説してみました。

雨や寒風、雪を防いでくれる立役者!!
使われている機能を理解してさらに愛着のある1着をお探しくださいませ!!
☆ダウン・中綿のアイテムに使われている表面素材はダウン・中綿のシェルのコーナーで解説してます☆


素材名/
使用ブランド
機能用途と見解
GORE-TEX
ゴアテックス




【ブランド全般】
ゴアテックスはPTFE(ポリテトラフロロエチレン)フィルムを特殊加工して作られるフィルムとポリウレタンポリマーを複合化した極薄フィルム。1平方センチメートルに14億個の微細な孔を含むフィルムで、『水蒸気は通すが雨や風は通さない』という防水透湿素材です。
簡単にいうと、極薄のフィルムに水蒸気の分子は通れるけど、水の分子は通れない大きさの穴が開いているフィルムという事です。だから水は防ぐけど、蒸れた蒸気は外に逃がすというアウトドアにはなくてはならない素材。しかも極薄だから超軽量!!これを考えたゴアさんはとっても偉い人!!

ゴアテックスの構造をあらわす表現でよくレイヤーという言葉を使います。それは一般的にゴアテックスフィルムは表地や裏地のラミネート(張り合わせ)として使われます。(←極薄のフィルムがむき出しだと破れてしまい易いですからね。)
そこで、ゴアテックスフィルムの両面(裏・表)に生地をラミネートした3層構造のものを3レイヤー(←表地・ゴアテックスフィルム・裏地)と呼びます。
表地だけラミネートしたものを2レイヤーと呼びます。
一般的に表には撥水効果の高い素材を、裏にはメッシュやナイロンタフタなどが使われます。

3レイヤー地で耐水圧約45,000mm以上、透湿性13,500g/m・24hrsと最高度の防水性を誇ります。

最高の防水性と透湿性をあわせもった素材それがゴアテックスです。おまけに軽い!!
本格的なアルパイン
登山・トレッキング・
ハイキング
スキー・スノーボードなどのウィンタースポーツ
全てのアウトドアアクティビティーの最高のパートナー

高い防水性と透湿性を誇るゴアテックスはアウトドアの最高素材。
その分ゴアテックスを使用したアイテムは高価ですがその価値は十分にあります。
信頼のゴアテックス!
GORE-TEX XCR
ゴアテックスエックスシーアール


【ブランド全般】
従来のゴアテッククスをさらに進化させた素材。従来のゴアテックスよりも透湿性がアップした、新世代のゴアテックス。
最近のゴアテックスはほとんどXCRです。実は、日本で使われていたゴアテックスは数年前からほとんどXCRだったんです(ノースフェイスやモンベル、マーモットといった有名なアウトドアブランドは)。ただそれを表記していなかっただけ・・・最近タグも換えてきちんと表記しています
用途はゴアテックス同じですが、透湿性が高いのでウィンタースポーツなど激しく動く人にはよりオススメです
GORE-TEX PACLITE/ゴアテックスエックスパックライト

【ブランド全般】
従来のドットをなくすことで10%の軽量化、40%薄くなりコンパクト化に成功したGORE-TEXPACLITE。3層と同等の耐水圧、透湿性に加え、優れた軽量性、パッカブル性をそなえています。微少ドットが防水層へのダメージを抑え、スベリが良くなるのも特徴。GORE-TEX防水素材で最軽量の目付け80gを実現しました用途はゴアテックス同じですが、軽量性・コンパクト性に優れていますので、携帯するのに便利なため、レインウェアや軽量性を重視したアイテムに良く使われます
GORE-TEX PROSHELL
ゴアテックスプロシェル


【ブランド全般】
最新のゴアテックス。2007秋冬モデルから登場しました。最高ランクの防水性と透湿性を兼ね備えた素材。従来のトリコットニット素材から、新たに極細デニールの織物マイクログリッドを裏側に使用した新製品。これにより耐磨耗性&耐久性が飛躍的に向上。さらに軽量性もアップ。進化したニューゴアテックス的存在全てのアウトドアアクティビティーに
従来にくらべ、2倍以上の耐磨耗性があり、より過酷な状況下での快適性が大きく向上。
アウトドア専門や本格的愛好家の高度なニーズに対応
GORET-EX PERFORMANCE SHELL
ゴアテックスパフォーマンスシェル

【ブランド全般】
2007秋冬モデルから画期的な新ライナーを採用した新製品の登場と共に、ゴアテックスの呼称が変わりました。従来のゴアテックス、ゴアテックスXCRはゴアテックスパーフォーマンスシェルへ。全てのアウトドアクティビティーに。信頼のゴアテックス
GORE-TEX PACLITE SHELL/ゴアテックスエックスパックライトシェル

【ブランド全般】
2007秋冬モデルから画期的な新ライナーを採用した新製品の登場と共に、ゴアテックスの呼称が変わりました。従来のゴアテックスパックライトはゴアテックスパックライトシェルへ。用途はゴアテックス同じですが、軽量性・コンパクト性に優れていますので、携帯するのに便利なため、レインウェアや軽量性を重視したアイテムに良く使われます
GORE-TEX SOFT SHELL

ブランド全般】
柔らかく暖かいファブリックスが用いらており、防水耐久性、防風性、透湿性を兼ね備えております。柔らかく、着心地も良い、また寒い状況下において重ね着の必要が無い上に高いストレッチ性を持ち、寒冷な状況下でも活動しやすい運動性がいいので、クライミングなどに向いてます。また裏面が起毛してあるので保温性もあります。
一度着たらやめられなくなるソフトシェル。
Hyvent
ハイベント

【THE NORTH FACE】




【ブランド全般】
ノースフェイスが開発した独自の2層構造の素材。
PUコーティングによるすぐれた耐久撥水性、透湿性が特徴。雪や雨などがウェア内に侵入するのを防ぎ、汗などの蒸気は放出。ウェア内の快適な温度/湿度をキープします。
耐水圧10,000mm以上と高い防水性を実現。ウィンタースポーツやハイキングに最適。
トレッキング・ハイキングから
スキー・スノーボードなどのウィンタースポーツ

ゴアテックスに比べると性能は落ちますが、それでも高い防水・透質性があります。ゴアテックスに比べて安価なので非常にバランスのとれた素材。

スキー・スノボーはもちろん激しい雨でも平気です。雨の日のバイクでも大丈夫。
個人的にもオススメの素材です。
スノーボードのウェアで使用していますが、1日中滑っても中が濡れる事はまずありませんよ。
Hyvent-D
ハイベントD

【THE NORTH FACE
ノースフェイスが開発した独自の素材。
ハイベントDは肌面に施したメッシュ状の特殊コーティングにより、これまでにないドライな肌触りを実現した耐水高透湿素材です。2.5層構造で従来の3層素材に比べて軽量、ソフト、コンパクト。
バックパッキングに最適
ハイベントの軽量化に成功。
ハイベントより軽量でコンパクトなので携帯するのに便利なため、レインウェアなどに良く使われます
Hyvent-ALPHA
ハイベントアルファ

【THE NORTH FACE】
ハイベントにストレッチ性を持たせたソフトシェル素材運動性がいいので、クライミング向いてます。また裏面が起毛してあるので保温性もあります。
一度着たらやめられなくなるソフトシェル。
BEAMEX SUPER
ビーメックススーパー

【THE NORTH FACE】
ポリエステルとコットンの混紡素材。耐久性のある高機能素材で、丈夫なコットンのような肌合いも持ちます。カジュアル用素材。擦れや引き裂きに強く丈夫。コットン風の自然な風合いが魅力ですね。
EPIC
エピック

【ブランド全般】
繊維の1本1本を防水ポリマーで包み込み、隙間にも防水ポリマーを注入した素材。自然な風合いのと、しなやかなで肌触りも良い防水素材。タウンからトレッキング・ハイキングまで使える素材。軽量で自然な風合い
SUPLEX
サプレックス


【ブランド全般】
通常のナイロンよりも26〜36%も柔らかく、強度と耐磨耗性が高く、色落ちがしにくい高機能素材。速乾性にもすぐれ、コットンのようなソフトな風合いを持つ。速乾性も高く、柔らかいので、運動を伴うアイテムに向いています
SEBONNER
セボナー


【ブランド全般】
耐磨耗性に優れたナイロン素材。ナチュラルでドライな肌触りが特徴。カジュアル用素材。擦れや引き裂きに強く丈夫。コットン風の自然な風合いが魅力ですね。



INSULATIONS/中綿素材

中綿素材には大きく分けて、天然素材であるダウン合成繊維素材があります。

それでは、ここで1つ質問!!
同じボリュームの ダウン と 合成繊維の中綿 どちらが暖かいと思います??

答えは 同じ です。


最近の合成繊維素材は技術の向上によりとても性能がよく、ダウンにも劣らない性能があります。

ダウンにはダウンの特徴。合成繊維には合成繊維の特徴がありますので、
用途などで使い分けてはいかがですか??

【ダウン】軽くて暖かい。軽量性が最大の特徴!!だが、水に弱く濡れた時に保温性が下がるという弱点もあります。
【合成繊維】保温性はダウンと同等。ダウンと違い水や湿気に強く、気軽に洗濯もでき、濡れても保温性は下がりません。

ダウンは天然のものなので種類はありませんが、質の違いはあります。(←当店で扱っているアウトドアブランドのダウンはどれも良いです)
合成繊維はいろいろ種類がありますが、当店で扱っているアウトドアブランドが使用している合成繊維はどれも高機能で、似たりよったり(どれも良いので)。暖かくて、軽いく着心地抜群です。

でも、どれも良いといわれても、目に見えない中綿だけに余計どんな素材がウェアの中に詰まっているか気になりますよね!!
寒い時期の暖かい味方は↓この素材であなたを守っています。。。

【ダウン・中綿素材】

素材名/
使用ブランド
機能用途と見解
DOWN/ダウン



【ブランド全般】
天然中綿素材の代表、最高の中綿素材であるダウン。ダウンの保温性はフィルパワー(FP)という単位で表されます。一般的にで高品質・高級とされるダウンは500フィルパワー以上のもので、500フィルパワーとは1オンスのダウンが500立方インチに膨らむことをさします。
当店で扱っているアウトドアブランドがダウンジャケットに使用しているダウンは500FPを優に越えた600FPはあたりまえ、800FP〜900FPの超超高品質のものまで存在します。
ダウンの最大の特徴は保温性はもちろんですが、軽量性にあります。軽くて暖かいダウンは最高の中綿素材です
軽くて暖かいダウンは寒い冬の強い味方です。天然素材のため高価ではありますが、その軽さと保温性は抜群!!

天然素材であるダウンは品質を見分ける事が非常に困難です。ノースフェイスやミレー、マーモットムーンストン、モンベル、マーモットといったアウトドアブランドのダウンはグースダウンの汚れを丁寧に取って洗毛し、アレルギー性の問題を解消。選別にかけ、用途に応じたフィルパワー別に選別。徹底した品質管理を行っています。

だから、安物のダウンと比べると、保温性はもちろん、着心地やシルエットなど全てにおいて段違いの差があります。
PRIMALOFT
プリマロフト


【ブランド全般】
ダウンと同レベルの保温性、ロフトを備えた高機能中綿素材。撥水性・通気性・速乾性に優れる。素材自体の撥水性が非常に高いため、ダウンと違い水に濡れてもその保温力が低下することはありません。プリマロフトはウェット時、ドライ時のどちらの環境下においても高い保温効果を保ちます。
ダウンに代わり最も中綿として使われる素材。保温性は抜群!!撥水性に優れ濡れても大丈夫ですので、ウィンタースポーツウェアの中綿に最適です。

安物の中綿と比べると、やはり保温性が段違いです。
THERMOLITE MICRO
サーモライト


【ブランド全般】
マカロニ状の特殊中空繊維。マカロニ状の内部に温かい空気を保持する特殊高機能素材。保温性を高める起毛加工で使用。
THERMOLITE MICRO
サーモライト マイクロ


【ブランド全般】
ダウンのようにソフトで暖かい高機能薄型インシュレーション素材。コンパクト性、イージーケアにも優れたマイクロファイバー素材。保温性・速乾性に優れ、余分な重ね着をしなくても高い保温性を維持し、快適なコンディションを保ちます軽くて保温性抜群の中綿素材。耐久性にも優れ洗濯後のへたりも少ない素材です。

機能的にはプリマロフトなど他の中綿素材と同じです。
ポーラガード3D

【ブランド全般】
軽量ながら 保温性に優れる化学繊維。 濡れても保温性とロフトを維持します。非常に細かく、長いポリエステルの中空繊維です。この繊維がうまく編み込まれることで高い保温性が確保されます。またこの繊維は通常の使用では、切れたり、偏ったり、引き避けたりしないようになっており、このため中綿が部分的に薄くなったりせず、高い保温性が保てます。
軽量で保温性に優れる中綿素材。

機能的にはプリマロフトなど他の中綿素材と同じです。
光電子ファイバー

【THE NORTH FACE】
ノースフェイス独自の先進素材。
遠赤効果のあるセラミックスに磁石の30倍の磁力を持つ希土類を粉末状にしてミックス。
人体の発する遠赤外線を利用して体を効率的に暖めます。
自分で発した熱エネルギーを吸収し、増幅して自分に戻すっていう凄い素材。
プリマロフトやダウンなどの中綿素材に織り交ぜて使用。この技術により、従来よりも薄くても暖かいダウンや中綿が登場!!
光電子PRIMALOFT
光電子プリマロフト

【THE NORTH FACE】
光電子ファイバーをプリマロフトにミックス。
非常に軽量でダウンと同等の保温性を持つプリマロフトに、人体の発する遠赤外線を利用して体を効率的に温める光電子®ファイバーをミックス。軽さと温かさを高いレベルで両立。コンパクトに圧縮しても性能を損ないません。
プリマロフトに光電子ファイバーを混ぜた素材。薄くても暖かいプリマロフト
遠赤外線効果で体を温めます。
薄くて、暖かい、なおかつ雨や水に強い。

ウィンタースポーツに最適
光電子ダウン

【THE NORTH FACE】
天然のダウンの保温力に先端技術である光電子ファイバーの遠赤外線の効果ををミックス。少ないロフトで最大限の効果を発揮します。ダウンボールの羽の1本1本に光電子ファイバーを絡ませたハイテク素材軽い・薄い・暖かい!!
最高のダウンが実現。
インナーやミッドウェアはもちろんアウターとしても着れます。

生地/FABRIC



素材機能

ナイロン

絹のようにしなやかでありながら、引っ張り強度や摩擦に対してきわめて強く、薄くて軽い織物や編み物を作ることが出来る合成繊維。弾力性に富んでいるので、シワにもなりにくい。

ポリエステル

ハリ・コシや耐候性に優れた、非常に強い合成繊維の一つで、濡れても強さは変わらない。吸湿性が小さく速乾性に優れる。また熱可塑性に富むことから中綿素材としても用いられる。

ポリウレタン

伸縮性・弾力性に優れた合成繊維。ゴム糸のように老化しにくく丈夫。この繊維を生地に織り込むことでストレッチ性が得られる。

コットン/綿

衣料素材としてもっとも歴史が古く、肌触りが一番の特徴。種類も豊富。

リップストップ

生地表面に特徴的な格子状の凹凸が出来る降り方。カギ裂きキズなどが出来た際に、キズを格子の部分が受け止めて破れが広がりにくいため『リップ(引き裂き)ストップ(止め)』となずけられている。
多くのアウトドアの表面素材にはこのリップストップナイロンが用いられている。リップストップナイロンは格子状なので表面が薄いチェック柄のようになりデザインの向上にも役に立っています。

デニール

合成繊維の糸の太さを表す単位。1デニール=9,000mの長さで重量が1gの糸(←めちゃめちゃ軽くて細いって事)
デニール数が高くなるほど糸が太くなり、摩擦強度や引き裂き強度が高くなる。この太くなった糸(デニール数の高い)で織った高デニールの素材は接触の多い箇所の補強などに使われ、逆にデニール数の少ない糸で織った素材は表面が滑らかで、しなやかな感触となり衣服の身頃などにしようする。
よくバックパックなどで高デニールの生地が用いられる事が多い。


ダウン・中綿の表面素材

ダウンや中綿を包み込む素材。
基本はリップストップナイロンですが、
中には特殊な素材もあります。
高品質なダウンと高機能な中綿を引き立てている驚きの性能!!表面素材がよくないとダウンや中綿の醍醐味が味わえませんよね。
カラーに目が行ってしまいがちの表面。たまには素材にも注目くださいませ


素材名/
使用ブランド
機能用途と見解
ナイロンデニール(ナイロンを構成する糸の太さ)により、様々な用途に変化。デニールを小さくして軽量性を高めたり、大きくして耐久性を高めたりと幅広く使える素材。また表面を特徴的な格子状の凹凸が出来る織り方により強度や耐久性を高めたリップストップ素材は多くのジャケットに使われる基本中の基本ともいえる素材。基本の素材。ダウンや中綿はもちろん、ウィンドブレーカーやシェルまで幅広く使われている素材。
PERTEX
パーテックス

【ブランド全般】
極細のナイロンを束ねたように編んだ40〜70デニールクラスの超軽量素材。ソフトな肌触りで、耐風性と速乾性に優れています。また通気性も良いので、内部に熱を溜め込みすぎず快適な着心地をサポートしてくれますダウンジャケットの表面素材として使われる超軽量素材。この素材とダウンの組み合わせは超軽量ダウンの代名詞ともいえます
PERTEX QUANTUM
パーテックスクァンタム

【ブランド全般】
パーテックスの中でも最も軽量性に優れた素材。20デニール以下の素材が中心で、その軽量性と通気性からダウン製品に最適な素材。しなやかな光沢のある表情が特徴。また非常にコンパクトにすることも可能。ハイクラスのダウンに使われる超軽量素材。この素材を使ったダウンはあまりの軽さに着てるのを忘れる程
クァンタムだけでなく、パーテックス自体が高級な素材
CORDURA
コーデュラ

【ブランド全般】
ソフトな風合いながら、強度や耐久性、耐磨耗性に優れたポリエステル素材。ウェアの補強部分などにも使われます。ナイロンの7倍の強度と言われるコーデュラはヒジやショルダー部分の補強などにも使われます
IMPACT
インパクト


【MILLET】
高度な紡糸技術と特殊製織技術の融合によって開発された、22デニールの超極細糸を使用した超軽量素材。特殊織物構造により、超極細糸でありながら安定した物性を確立。コンパクト性に優れ、ソフトな風合いの超軽量ファブリック。ダウンジャケットの表面素材として使われる超軽量素材。パーテックスクァンタムと同等の軽量性を誇る高機能素材
AQUASTOPPER
アクアストッパー

【MILLET】
耐水性、撥水性に優れ、透湿性も高いためムレによる衣服内の不快感を防ぐ。かさばらず、ソフトな風合いに加え、ノンコーティングのため剥離による外観の悪化や機能低下がない。ダウンジャケットの表面素材として使われる。耐水・撥水性にも優れ、水に弱いダウンジャケットには頼もしい素材